IT重説が解禁されました

令和2年5月1日付で国土交通省住宅局建築指導課によって「新型コロナウイルス感染症対策のため、暫定的な措置として、建築士法に基づく重要事項説明について、対面ではない、ITを活用した実施が可能となりました」がプレスリリースされました。

この報道発表には「ITを活用した建築士法に基づく重要事項説明暫定運用指針」という題名の別紙が1枚ついてるのみでしたが、今年(令和3年1月18日)に暫定的ではなくなったというものです。

詳しくは下掲のPDFに書かれている通りですが、少し内容を紹介します。

という前に、そもそも IT重説とはなんだ? ということですが、で、その前に重説ってなんだ? ということですが。

ざっくり簡単に書くと、建築士が業務を行なうために作られた建築士法という法律があります。設計契約を交わす前に建築士は建築主に対して重要事項説明しなさいという条文がそのなかに書かれています。これが重説ですね。「建築士法第24条の7(重要事項の説明)」という条文で平成20年11月28日に施行されました。これを行なわないと契約ができないという縛りのあるもので、任意ではなく義務となる法律です。

コロナ禍で対面が難しくなり暫定的にスカイプなどのテレビ電話での実施(このことを「IT重説」と名づけています)が認められていたものが、ついに恒久的にできるようになったということです。

今回発表された実施マニュアルは11ページで具体的なIT重説の方法が記されています。

それによると、Microsoft Teams、Zoom、Skype、Google Meet、LINE、iPhoneのFacetimeでも可能になりました。

ただ、ちょっと面倒なのが、重要事項説明書を事前に送付しておくことが必要とあります。PDFファイルをメールで送信するだけではだめで、書類を送らないといけないようです。これは建築士法に「書面を交付」とあるからだと思います。

と書くと、そもそも対面でなければできないのかと思いますが、法文に書面を交付という言葉ともうひとつ建築士が建築士免許を提示しなければならないという文言があるために対面であることとなっていたのだと思います。

実施マニュアルの6ページめに「双方で表情を確認しつつ行う必要があります」と書かれていますが、IT重説でなく、対面重説だと今のコロナ禍では双方マスクしてるやんと思うけどどうなんだろかと思ったりしますね。

また、資料を読んで「そうやったんか!」と思ったことがありました。

建築士が建築士免許を提示するときは、建築士の個人情報保護の観点から、顔写真、氏名、登録番号がわかればよく、生年月日はシールを貼ってもいいそうです。これ知りませんでした。

上はネットでみつけた免許証の見本です。

日経アーキテクチュアにあった画像です。

下は今回発表されたPDFです。役所の文書はタイトルが長い。

クリックして001382861.pdfにアクセス

トップ画像はフリーイラストです。手抜きしてしまいました。

朝顔の追加報告

咲きました〜🎶

白色の名『暁の光』。
待ち望んでいたことが実現したらいいナァ💕

赤色の名『浜の混合』。
笹を背にパワーアップします!

先に咲いた小さい朝顔は『星の混合』です。

朝顔が咲いた!

この夏初めての朝顔が咲いていた!
うっかり見逃すとこやったァ
可愛いい〜
つぼみは明日咲きそう♬

大輪の朝顔も待ち遠しい!
夏よ来い!

夏越の大祓

今日の雨を予測して
昨日坐摩神社(いかすりじんじゃ)へ

大きな茅の輪をくぐり
無病息災・延命長寿を祈願!


もうひとつ大事な願い事を!

茅の輪をくぐった時ほのかな草の香りがしました〜

何かと不自由なことの多い「新しい日常」に「好き」を見つけて暮らしたい!

今年も境内の紫陽花がきれいでした。

春彼岸

推定で樹齢300年の山桃はこの日も堂々としてしっかり根を張っていました。
昨日ようやく両親に式典の報告ができました。
令和2年2月22日
竜笛(りゅうてき)の演奏が始まると会場に
あの世からの先祖の皆さんが次々に集まってこられました。(多分……)
「式には着物で来てほしい」と兄の希望があり母の和箪笥の整理をしたところ
初めて見る着物が出てきました。
これを着て行きなさい!とまるで準備されてたようです。
和服の知識のない私を友人が支えてくれて無事に母の幅広の着物を着ていくことができました。
須賀さん!上手に着付けてくれてありがとう~ 感謝!
(松田加代子)

昭和の暮らし

兄が昭和30年ころに住んでた家のスケッチを送ってきたので微かに記憶が蘇ってきました。
工場の空き地は野菜中心で、玄関の横の庭は、花が主だったように思います。
農家出身の父は、野菜づくりお手の物。花が大好きだった母のために作っていたのかしら……。
自給自足の生活が普通だった時代でしょうか。
ラッキーという名の雑種犬が番犬として飼われてましたが一緒に散歩した記憶がありません。
本当に可哀想なことしました。
鶏?……全く覚えがありません。
きっと早朝から煩く鳴くので近所迷惑だったのか? 私たちのお腹に入ったんじゃないかしらん。
卵かけご飯の時、兄と父は1個。私と母は半分こでした。悔しくて泣いたこと覚えてます。
事務所の向かいには魚屋さんの家族がいていつも一緒に遊んでました。
野菜畑の前の空き地は大工さんの木材置き場になっていて、木片や木っ端があって積み木やままごとをした記憶があります。
こんな小さな家2階建ての家に7人家族が積んでいて、お客さんは結構長く泊まっていました。
私が小学生の頃は坪庭の所にお風呂ができで五右衛門風呂に入るのが怖かった思い出があります。
台所の納屋の前に洗い出しの流しがあって、その隣に氷冷蔵庫。
牛乳屋さんが毎朝3本配達してくれてました。
3歳の私と家族の記念写真(前列左より兄と私と父 後列の祖父は仕事から帰ると必ず着物)
祖父の妹で池袋のおばちゃんが里帰りをしたので、姫路に嫁いでる末っ子のおばちゃんが会いに来ました。
妹は母のお腹の中でした。この年の暮れに妹ができて7人家族になりました。
(松田加代子)

春の海

春の海終日(ひねもす)のたりのたりかな

私の実家は大正9年に明石浦で発動機船の焼玉発動機の小さな工場をつくりました。
戦後も明石の名船明石型生船や機帆船の発動機を作っていましたが昭和40年代に入り需要が少なくなり今は産業用各種生産設備の製造に転換して今日に至ります。
先月コロナウイルスの影響が心配される中、無事に創業100年式典を迎えることができました。
100周年の記念として明発百年史の編集デザインをIZOで請け負いました。
‘明発’ の法被は(多分)戦前のもので淡路島の博物館の展示されていたのを親戚の方が見つけ復刻することになりました。
紺地に明石発動機工作所の文字、背中の紅マークがカッコいいです!
私たちはこんな法被があることなど家族の誰も聞かされてませんでした。
進水式の時など、関係者の方に配ったようです。
式典当日は令和製法被を着た社員の皆さんに出迎えてもらいました。
大変な苦労した両親は共に90歳まで長生きでしたが式に出ることは叶いませんでしたが喜んでくれたと思います。

北御堂:納骨堂

北御堂1階にある「北御堂ミュージアム」の隣に新しく納骨堂ができています。

蓮の池をイメージしたカーペットを敷きました。

天井には照明器具をつけず、納骨壇の上に上向きに置きました。間接光が天井を優しく照らします。

また、この納骨堂を案内するパンフレットのデザインも手がけることができました。

納 骨

納骨壇