IT重説が解禁されました

令和2年5月1日付で国土交通省住宅局建築指導課によって「新型コロナウイルス感染症対策のため、暫定的な措置として、建築士法に基づく重要事項説明について、対面ではない、ITを活用した実施が可能となりました」がプレスリリースされました。

この報道発表には「ITを活用した建築士法に基づく重要事項説明暫定運用指針」という題名の別紙が1枚ついてるのみでしたが、今年(令和3年1月18日)に暫定的ではなくなったというものです。

詳しくは下掲のPDFに書かれている通りですが、少し内容を紹介します。

という前に、そもそも IT重説とはなんだ? ということですが、で、その前に重説ってなんだ? ということですが。

ざっくり簡単に書くと、建築士が業務を行なうために作られた建築士法という法律があります。設計契約を交わす前に建築士は建築主に対して重要事項説明しなさいという条文がそのなかに書かれています。これが重説ですね。「建築士法第24条の7(重要事項の説明)」という条文で平成20年11月28日に施行されました。これを行なわないと契約ができないという縛りのあるもので、任意ではなく義務となる法律です。

コロナ禍で対面が難しくなり暫定的にスカイプなどのテレビ電話での実施(このことを「IT重説」と名づけています)が認められていたものが、ついに恒久的にできるようになったということです。

今回発表された実施マニュアルは11ページで具体的なIT重説の方法が記されています。

それによると、Microsoft Teams、Zoom、Skype、Google Meet、LINE、iPhoneのFacetimeでも可能になりました。

ただ、ちょっと面倒なのが、重要事項説明書を事前に送付しておくことが必要とあります。PDFファイルをメールで送信するだけではだめで、書類を送らないといけないようです。これは建築士法に「書面を交付」とあるからだと思います。

と書くと、そもそも対面でなければできないのかと思いますが、法文に書面を交付という言葉ともうひとつ建築士が建築士免許を提示しなければならないという文言があるために対面であることとなっていたのだと思います。

実施マニュアルの6ページめに「双方で表情を確認しつつ行う必要があります」と書かれていますが、IT重説でなく、対面重説だと今のコロナ禍では双方マスクしてるやんと思うけどどうなんだろかと思ったりしますね。

また、資料を読んで「そうやったんか!」と思ったことがありました。

建築士が建築士免許を提示するときは、建築士の個人情報保護の観点から、顔写真、氏名、登録番号がわかればよく、生年月日はシールを貼ってもいいそうです。これ知りませんでした。

上はネットでみつけた免許証の見本です。

日経アーキテクチュアにあった画像です。

下は今回発表されたPDFです。役所の文書はタイトルが長い。

クリックして001382861.pdfにアクセス

トップ画像はフリーイラストです。手抜きしてしまいました。

北御堂:納骨堂

北御堂1階にある「北御堂ミュージアム」の隣に新しく納骨堂ができています。

蓮の池をイメージしたカーペットを敷きました。

天井には照明器具をつけず、納骨壇の上に上向きに置きました。間接光が天井を優しく照らします。

また、この納骨堂を案内するパンフレットのデザインも手がけることができました。

納 骨

納骨壇

Hugo Boss ‘THE SCENT’

ドイツのファッションブランド、ヒューゴ・ボスのCMをYouTubeで見つけました。
ロケ地が一目見ればザハ・ハディドの建築とわかります。嬉しいことに内部空間の一部も見ることができるので紹介します。

この建築はヘイダル・アリエフ・センター(英:Heydar Aliyev Center)というアゼルバイジャンの首都バクーに建つ複合施設で、 ミュージアム、展示ホール、コンサート・ホールの3つの機能があります。2007年に着工し、2012年5月10日に竣工しています。

一目見れば忘れられない外観だけではなく、洗練されたインテリアも他の建築家ではできないようなデザインです。

ザハ・ハディドが日本の新国立競技場国際コンペで選ばれたのは2012年11月です。ヘイダル・アリエフ・センター竣工後のことです。コンペに選ばれた当初マスコミはザハ・ハディドをアンビルドの女王などと揶揄しました。ですが、この施設竣工だけでなく多くの実作があることは建築業界では誰でも知っていることです。建物用途やその他条件が異なるために似たものにはならなかったとは思いますが、少なくとも建築の世界観は同等のレベルのものとなっていたはずです。世界トップクラスの建築家であるザハ・ハディドの建築とならなかったのは残念でなりません。

施設名のヘイダル・アリエフとはアゼルバイジャン共和国第3代大統領の名前で、他にもバクーの国際空港にもヘイダル・アリエフの名がついています。

そして、このヘイダル・アリエフ・センターの隣には’Baku Convention Center’ という建築が建っています。COOP HIMMELB(L)AU の建築です。

北御堂ミュージアム

「北御堂ミュージアム」がオープンしました。

本願寺と大阪の関わる資料や壁面全体を使った年表などが展示されています。

ここでは「北御堂ミュージアム」のロゴマーク、ロゴタイプとパンフレット作成をお手伝いしました。

ミュージアム入り口の自動ドアにちょっとマニアックな仕掛けも。

入館料無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

北御堂ミュージアム

「北御堂ミュージアム グランドオープン」のお知らせ

北御堂の公式ホームページにアップされていたのでご案内いたします。

昨年よりプロジェクトに携わっておりました津村別院(北御堂)の改修工事が先月完了しました。その改修工事の一部が「北御堂ミュージアム」として来年1月9日にグランドオープンいたします。

北御堂ミュージアム展示以外の改修全体の内装設計を担当しました。
また北御堂ミュージアムのロゴマーク、ロゴタイプをお手伝いいたしました。

入館料無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

www.kitamido.or.jp/kitamido/kitamido-museum/

「島民」2019年春号に北御堂ミュージアムが紹介されています

明石型生船展示

明石市にある日新信用金庫ショーウィンドウに「明石型生船」に関する資料を展示しています。
明石型生船(あかしがたなません)とは鮮魚類を運搬するために生簀をつくった荷船です。
大漁旗を中央に配置し、その手前に模型、両サイドに明石型生船に関する資料を展示しました。

2018年9月1日より3か月間の限定展示です。

ショーウィンドウ全景

「明石型生船の歴史」タペストリー

模型

 

「明石型生船について」タペストリー