プロセス

for_process-flow.001

建築・インテリアの設計プロセスは、5つのフェーズ(段階)で構成されています。
それぞれのPhase(フェーズ)について簡単に解説いたします。


Phase 1 | 調査・企画(建築相談)

クライアントのご要望をヒアリングし、建築予定地の状況確認や法的な条件を整理します。リノベーションの場合は、既存の建物の状況を確認します。必要に応じて詳細な調査をします。
《調査・企画業務委託契約》リノベーションなど既存建物を改修、改築などを行なう場合には、時として、既存建築物の鑑定、評価、分析及びそれらの調査、資料の作成などを行なうことがあります。また土地の有効活用などで企画提案が必要な場合などもあります。そういったケースでは、オプションで調査・企画業務委託契約を締結します。

《重要事項説明書の交付》
設計を私たちにご依頼頂くことが決まりましたら、まずは、契約前に重要事項説明書を交付し、業務に関する重要な情報をご説明致します。
《建築設計・監理業務委託契約書》
さらなる打合せを重ねてお互いが信頼できるパートナーであることを確認した上で、建築設計・監理業務委託契約書を結びます。
この契約のときに Phase 2 からPhase 4 までの業務項目について詳しくご説明致します。

Phase 2 | 基本設計

クライアントから提示された要求その他の諸条件を設計条件として整理した上で、設計者の意図を明確に表現し、基本設計図書を作成します。

Phase 3 | 実施設計

基本設計の構想をもとに、詳細な図面や仕様書などを作成していきます。
作成された設計図書が、工事請負契約の元になります。
また、新築工事や改修工事でも法的に必要な場合はクライアントに代わって建築確認など法令に基づく申請を行います。

《FF&E設計監理業務》プロジェクトによってはオプションで家具・備品・アートワーク(Furniture, Fixture & Equipment)についてコーディネートを行ないます。既製品をセレクトしたり、必要に応じて特注品のデザインを行ない、発注図書の作成、発注支援、工場検査、納品までを行ないます。


着工

Phase 4 | 工事監理

設計図書に基づき、施工に必要な図面等の調整・確認及び工事の検査・承認を行ないます。また、追加変更工事への対応などを行ないます。


竣工・引渡

Phase 5 | 還元

工事が完了後、竣工図書及び必要なデータを整備し、設計資料をクライアントに還元します。
また、経年調査と瑕疵などへの対応を行なうとともに、メンテナンス、リニューアルに対してもコンサルタントを行ないます。


以上がおおまかなプロジェクトの流れです。

またデザイン報酬につきましては、用途や規模による一定の基準はありますが、お打合せのなかでご相談させていただきます。

まずは出会いから始まりますので、ぜひお気軽のお問い合わせください。>> お問い合わせページ