業務報酬:戸建住宅

戸建住宅に関する基準設計料は次の通りです

●構造計算不要の場合

延べ面積 金額
100㎡以下の場合 一律 3,000,000円
100㎡を超えて150㎡以下の場合 3,000,000円+20,000円×(延べ面積−100㎡)
150㎡を超えて300㎡以下の場合 4,000,000円+16,000円×(延べ面積−150㎡)

●構造計算を要する場合

延べ面積 金額
100㎡以下の場合 一律 4,500,000円
100㎡を超えて150㎡以下の場合 4,500,000円+14,000円×(延べ面積−100㎡)
150㎡を超えて300㎡以下の場合 5,200,000円+12,000円×(延べ面積−150㎡)

次のいずれかに該当する場合は構造計算が必要となります。(建築基準法第6条2項、3項)
・木造の建築物で3以上の階数を有し、又は延べ面積が500㎡、高さが13m若しくは軒の高さが9mを超えるもの
・木造以外の建築物で2以上の階数を有し、又は延べ床面積が200㎡を超えるもの

    • この料金算定表は新築の場合を原則とします。
    • 300㎡を超える場合は別途協議にて決定します。
    • 延べ面積とは、建築確認申請書に記載する延べ面積を指します。
    • 構造計算には壁量計算を含みません。従いまして、構造計算不要の場合は、壁量計算などによって構造チェックを行います。また、構造計算を任意で必要な方は構造規模に関係なく「構造設計を要する場合」の算定式を使用します。
    • 多世帯住宅の場合は、世帯毎の面積で設計料を算出することがあります。

戻る▶︎