春彼岸

推定で樹齢300年の山桃はこの日も堂々としてしっかり根を張っていました。
昨日ようやく両親に式典の報告ができました。
令和2年2月22日
竜笛(りゅうてき)の演奏が始まると会場に
あの世からの先祖の皆さんが次々に集まってこられました。(多分……)
「式には着物で来てほしい」と兄の希望があり母の和箪笥の整理をしたところ
初めて見る着物が出てきました。
これを着て行きなさい!とまるで準備されてたようです。
和服の知識のない私を友人が支えてくれて無事に母の幅広の着物を着ていくことができました。
須賀さん!上手に着付けてくれてありがとう~ 感謝!
(松田加代子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です